2024/04/04
動画・生放送
越境ライブコマース~世界をつなぐ新たなショッピング体験~ 2分で読めます

インターネットそしてECサイトの普及により、世界中の消費者が国境を越えて商品を購入することが容易になりました。その中でも最近注目されているのが「越境ライブコマース」です。この新たな形での販売方法は、ライブ配信を通じてリアルタイムで商品を紹介し、購入を促すものです。
本記事では、越境ライブコマースとは何か、そのメリット・デメリットについて探っていきます。

 

目次

  1. 越境ライブコマースとは?
  2. 越境ライブコマースのメリット
    1. リアルタイムでの紹介と関係性構築
    2. 購買意欲の向上
    3. グローバル市場へのアクセス
    4. 短時間で売上を大きく伸ばせる可能性
  3. ライブコマースのデメリット
    1. 言語と文化の障壁
    2. 集客の難しさ
    3. ライブ配信者(ライバー)のスキルが必要
  4. ZenPromo提供越境型ライブコマースサービス
  5. 越境ライブコマースの将来性

 

1. 越境ライブコマースとは?

越境ライブコマースは、ECサイトやECモール、SNSを通じて行われる、リアルタイムでの商品販売手法です。主要なプラットフォームとしては、中国の「淘宝直播(タオバオライブ)」や「抖音直播(DouYinLive)」、SNSを利用した「Facebook Live」や「Instagram Live」などが挙げられます。

ライブコマースは、商品をライブで視聴者に紹介し、視聴者とライバー(話し手)との双方向のコミュニケーションを可能にする新しい形態のショッピング体験です。商品を紹介するのは有名人やインフルエンサーだけでなく、企業の店舗スタッフなどがライバーとして行うことも可能です。

視聴者はリアルタイムで質問を投げかけ、ライバーはその場で回答できるため、商品に関する疑問や不明点が即座に解消されます。また、商品の詳細情報を細かく伝えることができ、従来のECサイトでは難しかった販売者と購入者のコミュニティ形成が容易です。

 

 

2. 越境ライブコマースのメリット

越境ライブコマースを行うことのメリットはどういったところにあるのでしょうか。

2-a. メリット1: リアルタイムでの紹介と関係性構築

視聴者とのリアルタイムでのやり取りが可能です。質問やコメントにオンタイムで直接回答を行えるため、商品に関する疑問や質問を解消することができます。また視聴者との関係性の構築に繋がります。

 

2-b. メリット2: 購買意欲の向上

リアルタイムの映像を配信しているため、画面越しとはいえ臨場感や一体感を感じることができます。そのため、見ている側の参加意欲が高まります。

また、通常のオンラインショッピングでは「商品を実際に手に取れない」という不安がありますが、ライブコマースはこの不安を解消できます。配信者が実際に商品を使用している様子を見せたり、ユーザーの疑問に答えたりすることで、オンラインショッピングに抵抗がある人でも不安感を軽減し、購入のハードルが低くなる可能性があります。

 

2-c. メリット3:グローバル市場へのアクセス

インターネットを介した販売なので、国境を越えて商品を販売することが可能です。これにより、世界各国、新たな市場にアクセスするチャンスが広がります。

 

2-d. メリット4: 短時間で売上を大きく伸ばせる可能性

1回のライブ配信で一度に多くの人に商品の魅力を伝えることができます。商品を認知している人以外の多くの潜在顧客に製品やサービスをアピールすることも可能です。視聴者は商品を気に入ればライブ配信中に購入ができ、売り上げを大きく伸ばせる可能性が高まります。

 

 

3. 越境ライブコマースのデメリット

越境ライブコマースには多くのメリットがある一方で、デメリットも存在します。

 

3-a. デメリット1: 言語と文化の障壁

越境ライブコマースは、異なる国や地域の顧客を対象とするため、言語や文化の違いがハードルとなります。ライバーと視聴者のコミュニケーション、マーケティング戦略に適応するために時間と労力がかかります。

 

記事のこの部分は登録ユーザーのみが閲覧できます

続きを読むには登録してください。
ログイン