2024/03/15
調査・実績データ
ZenMarket 越境EC アメリカ市場の最新動向 4分で読めます

目次

  1. アメリカ市場について
    1. アメリカ市場概況
    2. 使用言語
  2. 購買トレンド
    1. 決済方法
    2. 配送方法
    3. 為替レート
  3. 競合他社
  4. アメリカ市場におけるZenMaketの最新動向
    1. 売上上位カテゴリー
    2. 配送が難しい商品
    3. 人気の検索キーワード一覧
  5. まとめ



1. アメリカ市場について

1-a. アメリカ市場概況

2020年時点で、アメリカの人口は約3億3000万人で、男性が約1億6400万人(49.5%)、女性が約1億6700万人(50.5%)を占めています。個人の年間中央所得は約4万300ドル(約560万円)、世帯の年間中央所得は約6万9700ドル(約970万円)です。

年代別人口構成比は、以下の通りです。

~18歳 22.1%
18歳~24歳 9.1%
25歳~34歳 13.6%
35歳~44歳 13.2%
45歳~54歳 12.2%
55歳~64歳 12.9%
65歳~ 16.8%

アメリカ合衆国国勢調査局より抜粋

 

1-b. 使用言語

2021年の米国国勢調査データによる成人の使用言語は、

  • 英語のみ使用 約2億人
  • 英語とスペイン語を使用 約1600万人
  • 英語とその他言語を使用 約1000万人
  • 英語話者の総計 約2億2600万人 (成人人口の約90%)
  • その他言語話者はスペイン語で約2000万人、その他言語で1600万人となっています。

英語を使用する話者がほとんどであるため、英語に対応するだけでほとんどの国民にリーチすることが可能です。しかし、スペイン語にも対応することでほぼ100%のアメリカ国民にアクセスできる可能性が広がります。

 

2. 購買トレンド

2-a. 決済方法

米国企業が多種多様な支払方法を提供していますが、ほとんどの顧客はクレジットカードやeコマース向けのデビットカードを利用しています。そのため、多様なカードからの支払いを可能にするStripeなどのプロバイダーへの人気が高まっています。

Eコマースにおいては利便さに加えて、安全性も重視されるため、PayPalも人気のある決済方法の1つです。

また、越境EC市場では為替レートが価格に直接影響してくるため、金額を気にする顧客にはWiseという決済方法も為替レートが良い点から人気が高まっています。

ZenMarketでの米国の顧客向けの主要な支払い方法は以下の通りです。

  1. Stripe(クレジットカード) 55%
  2. PayPal 36%
  3. TransferWise 7%

記事のこの部分は登録ユーザーのみが閲覧できます

続きを読むには登録してください。
ログイン