2024/03/21
調査・実績データ
ZenMarket 越境EC マレーシア市場の最新動向 6分で読めます

目次

  1. マレーシア市場について
    1. マレーシア市場概況
    2. 購買トレンド
    3. 競合他社
  2. マレーシア市場におけるZenMaketの最新動向
    1. 売上上位カテゴリー
    2. SNSトレンド
    3. マレーシアでのマーケティングの問題点
    4. マレーシア市場で好調なキャンペーン
  3. まとめ

 

1. マレーシア市場について

1-a. マレーシア市場概況

2023年時点で、人口は約3300万人、年齢の中央値は30.7歳です。経済面では、2022年名目GDPは、3800億USドル、一人当たりの平均GDPは1.25万USドルです。

マレーシアは多民族国家であり、中国系、インド系の民族が多くを占めています。サバ州とサラワク州では先住民族が大多数を占め、サバ州ではカダザン・ドゥスン族、バジャウ族、ムルト族、サラワク州ではイバン族、ビダユ族、メラナウ族が暮らしています。

公用語はマレー語ですが、ほとんどの人が少なくともマレー語と英語を話し、他にも、北京語、タミル語、広東語なども話す人が多いです。

マレーシアの人口上位10都市

 

都市名

人口 (2020)

人口 (2010)

成長率 %

1

クアラルンプール

連邦直轄領

1,982,112

1,588,750

1.25

2

セベラン・ペライ

ペナン州

946,092

818,197

1.16

3

ペタリン・ジャヤ

セランゴール州

902,086

613,977

1.47

4

ジョホールバル

ジョホール州

858,118

497,067

1.73

5

シャーアラム

セランゴール州

812,327

541,306

1.50

6

ジョージタウン

ペナン州

794,313

708,127

1.12

7

スバンジャヤ

セランゴール州

771,687

708,296

1.09

8

イポー

ペラ州

759,952

657,892

1.16

9

スレンバン

ヌグリ・スンビラン州

681,541

515,490

1.32

10

イスカンダル・プテリ

ジョホール州

575,977

529,074

1.09

 

1-b. 購買トレンド

オンラインショッピングの傾向

頻度:マレーシアではオンラインショップは日常的に利用されています。毎月少なくとも一回利用し、11.11や12.12のような月間セール時には、より頻繁に購入しています。

好み:電化製品、ファッションアイテム、美容製品、家電製品、食料品などが一般的に人気のあるカテゴリーです。その中でも特に若者に人気があるのが、ファッションと美容製品です。

動機:利便性、豊富な品揃え、競争力のある価格設定からオンラインショッピングを利用する人が多いです。また、キャンペーンや割引、オンライン限定のお得な情報なども購買の原動力となっています。

 

人気の支払方法

クレジットカード:特に高額商品を購入する際に人気のある支払方法です。多くのマレーシア人は、キャッシュバックなどの特典プログラムを利用するために、クレジットカードを利用しています。

Eウォレット:GrabPay、Boost、Touch'n Go eWalletなどが主流のサービスです。利便性、安全性が高く、キャンペーンやキャッシュバックインセンティブが付くことも多くなってきています。

オンラインバンキング:オンラインバンキングによる送金も人気で、特に少額の取引や、銀行からの直接送金を希望する場合に利用されています。

 

人気のEコマースカテゴリー

電子機器:スマートフォン、ノートパソコン、アクセサリーなどの電子機器やガジェットは、常に売上上位にランクインしています。

アパレル:衣料品、靴、アクセサリーは、国内外のブランドを問わず、特に若年層からの需要が高くなっています。

美容製品:国内外のブランドを問わず、スキンケア、メイクアップ、パーソナルケア製品は、オンライン市場でも人気が高いです。

食料品:コロナ感染症の流行により食料品のオンラインショッピングの利用が広がり、玄関先まで食料品を届けてくれる利便性から、今でも多くの人に利用されています。

 

1-c. 競合他社

日本国内の競合他社

  1. Buyee
  2. Jauce
  3. FromJapan
  4. 買い物代行者 (マレーシアに帰国予定の人に直接代行をお願いすること)

 

マレーシアや海外の競合他社

  1. Ali Express - 中国
  2. Taobao - 中国
  3. Lazada (東南アジア最大級のECプラットフォーム) - マレーシア 
  4. Shopee (マレーシアで主流のECマーケット) - マレーシア
  5. Zalora (主流アパレルウェブサイト) - マレーシア
  6. 11street - マレーシア
  7. Lelong.my (マレーシアの老舗新品・中古品マーケットプレイス) - マレーシア

 

2. マレーシア市場におけるZenMaketの最新動向

2-a. 売り上げ上位カテゴリー

  • アニメフィギュア・グッズ / アイドルグッズ
  • フィッシングリール
  • カー用品・アクセサリー 
  • 時計(主にGショック) 
  • アパレルグッズ(洋服、帽子、高級バッグ)

 

記事のこの部分は登録ユーザーのみが閲覧できます

続きを読むには登録してください。
ログイン