2023/11/21
調査・実績データ
ZenMarket 越境EC 香港市場の最新動向 11分で読めます

目次

1. 香港EC市場について

  1. 香港市場概況
  2. 競争環境
  3. 購買行動トレンド

2. 中国市場におけるZenMaketの最新動向

  1. 売上上位カテゴリー
  2. SNSトレンド
  3. 課題
  4. 成果

3. まとめ

 

1. 香港EC市場について

1-a. 香港市場概況

2023年1月時点で、人口は749万人、国内インターネット利用ユーザー数は697万人(普及率93.1%)となっています。香港は、フィリピン、インドネシア、インドはじめとする外国人居住者の割合が4%以上と高いことが特徴となっております。

年代別人口構成比は、以下の通りです。

年代別人口構成比

17歳以下 14.1%

18歳~24歳 5.6%

25歳~34歳 12.6%

35歳~44歳 15.3%

45歳~54歳 15.1%

55歳~64歳 16.4%

65歳以上 20.9%

 

香港は世界第10位の貿易経済大国であり、貿易自由、低決済、まれの政府介入を特徴と。 国際貿易と金融への依存度が高く、最も重要な貿易相手国は中国本土(香港政府

香港は貿易額で世界で10位に位置するアジア有数の国際ビジネス都市です。 貿易障壁を設けず、商品の輸出入に課さない貿易自由が政策です。 経済は、国際貿易や金融業務に強い中でございますが、特に中国本土とのつながりは最も大きいものとなっております。

ただし、酒類、煙草、炭化水素油とアルコールメチルの4種類については有償対象となっております。

今年、香港のEC市場は、デジタル技術の導入の増加や消費者の行動の変化によって、かなりの成長を進めています。

2023年時点でEC市場の売上高は2,032億ドル、1ユーザー当たりの売上高は3,350ドル規模、年間成長率は9.42%となっており、2027年までにEC利用者数は662万人、市場の規模も2,913センチドルになると見られています。

 

1-b. 競争環境

成長する香港のEC業界は、激しい競争環境にあります。国内の先行企業から国際大手企業まで、圧倒的なプレーヤーがビジネスチャンスを求めて参入しています。

各プラットフォームは様々な商品やサービスを展開しています。その利便性、魅力的な価格、そして幅広い商品ラインナップで、消費者の心を掴んでいます。

現在は、以下の5つが主要なECプラットフォームとなっています。

タオバオ.comcarousell.com.hkhktvmall.comamazon.comprice.com.hk

 

1-c. 購買行動トレンド

前述の通り、香港のEC市場は目覚ましい伸びを見せていますが、その手軽さと多様性が、多忙な都市生活者にとっての魅力となっています。

香港のEC利用者は「無料配送」と「クーポン・割引」そして「スムーズなオンライン決済」を重視しています。

香港市民は、よく移動中も商品の閲覧価格比較や購入を行っており、ECプラットフォームはモバイル対応することが必要となっております。

香港の消費者は海外製品に非常に関心が高く、海外の商品を求めて越境ECを、高い割合で継続的に利用しています。なお、香港の消費者は購入前にたくさんのサイトやプラットフォーム特に当日・翌日オプションは、利用者がサイトやプラットホームを比較する際に重視するポイントで、配送まで含めてスムーズなEC体験を提供することはEC市場での成功において重要な部分となります。

香港市場において日本製品はデザインや品質への評価が高く、日本の製品は総じて人気が高いです。 その中でも、化粧品、スキンケアアイテム、スナック菓子、電子ガジェット、ファッションアイテム、ホーム&ライフスタイル製品は、特に高い人気があります。ただし、香港市場にはすでに日本製品の正規品が広く流通しており、ただ「日本製」という理由だけでは越境ECでの購入につながりません。

記事のこの部分は登録ユーザーのみが閲覧できます

続きを読むには登録してください。
ログイン